ビンディングシューズは初心者でも大丈夫なの?【ロードバイク用】

まず結論

いきなりチャレンジしたい人はなしではないが以下の注意点を必ず覚えておくようにしましょう。


※慎重派の人はロードバイクに慣れてからをお勧めします。

絶対に覚えるべき注意点

立ちごけに気を付ける

ロードバイクに乗ること自体慣れるのに少し時間がかかります。


さらにビンディングシューズを履いていると必ず一度は立ちごけ(ペダルから足が離れずに倒れる)をしてしまいます。


もし車道側に倒れたら非常に危ないし恥ずかしい上にロードバイクに傷がつき、もしギアなど変速部分が破損したら修理代が高額になる可能性があり、おまけにパーツがすぐになければだいぶ待つことになるかもしれません。


私はいきなりビンディングシューズで始めてから2度立ちごけしました。


2度とも車道側に倒れてしまい、後続車が来てるタイミングなら・・・と考えると怖かったですし痛かったですし、ロードバイクに傷が・・・・・。


正直とても後悔しました。


倒れそうになったら左側に倒れるように意識をしましょう。

坂道発進に要注意

シューズをペダルにカチッとはめるには慣れるまではかなり手間取る可能性が高いです。


そのため坂道では出来るだけ止まらないようにする必要があります。


万が一坂でストップしてしまったら一度横か下りに向かって走りペダルをはめてから再度登り始めると良いでしょう。

ビンディングシューズのメリット

  • 力が伝わりやすい

  • 結果エネルギーロスが減る

  • 段差でもペダルから足がずれない

ある程度速度を出したい、長距離を走りたい、という場合はビンディングシューズはかなり効果があります。


最初はよくわからないと思いますがある程度慣れてきたあと、スニーカーで乗ってみたらすごくよくわかります。


おまけに前ももに力を入れて漕ぐしかしづらいからとても疲れやすいです。


一定のペースで巡航する場合や特にパワーを出さなくていい時は出来るだけ裏腿からお尻にかけての筋肉を使って・・・などもビンディングだからできる走り方です。

街乗りがメイン、私服で乗る人は必要なし

街乗りの方は移動目的で乗られる方が多いと思いますので、ビンディングシューズは歩きにくいし(比較的歩きやすいタイプもある)お勧めしません。


というか必要が全くありません。

まとめ

  • いきなりでもOK!でも注意点がある

  • 立ちごけに注意

  • 坂道では止まらないように

  • メリットは大きい

  • 街乗りなら必要なし

この記事を書いた人

LAMEDA正規代理店

店長竹村

サイクルウェア専門店のLAMEDA正規代理店を運営している店長。

コロナ禍でロードバイクを始めすっかりその魅力にハマりウェアの販売も開始してしまったアラフォー。


愛車はSPECIALIZEDのTarmac SL7。

まだまだ初心者の域を出ないがお役に立つ情報を発信していきます。

サイクルジャージ専門店

LAMEDA正規代理店

  • シンプルだけどおしゃれなデザイン

  • 安すぎず高すぎないバランスの取れた価格帯

  • コスパがいいのは当たり前、着心地が抜群

  • 人と被らないコーディネートが可能


関連記事

クロスバイクとロードバイクの違い5つ!選び方とどちらが良いか
クロスバイクとロードバイクはどこが違うのか、選び方と良し悪しをご紹介
ロードバイクの盗難を防ぐ必須かつ最低限の4ポイント
大事なロードバイクを盗まれないために最低覚えておいて欲しい4ポイントをご紹介
ロードバイクの速さは時速何km?最高速度と平均速度
どれくらいスピードが出るのか、プロ、素人、経験者それぞれの大体のスピードが出るのかをご紹介
ビンディングシューズは初心者でも大丈夫なの?【ロードバイク用】
初心者がビンディングシューズでロードバイクに乗っても大丈夫か不安な方のための解説記事
ロードバイク 初心者が走れる距離はどれくらい?伸ばす4ポイント
・最初の距離の目安、伸ばすためのポイントをご紹介
ロードバイク 初心者が練習すべき乗り方と覚えること15ポイント
ロードバイクに乗り始めは絶対に練習しておいた方がいい6ポイントをまとめました。
ロードバイク 初心者の服装はどうすればいい?【正解はこれ】
始めたばかりの頃から慣れた頃〜さらに快適に走るための服装をご紹介
ロードバイクに必要なものは最低9個!あればなお良いものは8個!予算も合わせてご紹介
初心者が揃えるもので絶対に必要な9個とあればなお良しの8個を目安予算と合わせてご紹介